グルコバイという糖質吸収抑制機能を持つ糖尿病患者向けの薬があります。糖尿病患者の方の苦痛を少しでも和らげるためにご活用ください。グルコバイの特徴や用法などを紹介したいと思います。\n

  • ホーム
  • グルコバイを安価に入手するには

グルコバイを安価に入手するには

多色な錠剤

グルコバイは糖尿病治療薬として血糖値の急激な上昇を抑える作用があります。
そもそも糖尿病とは食物から得たブドウ糖の血中濃度が高くなることにより様々な障害を発症させるものをいいます。
血液中の糖分濃度が高くなると糖毒性と呼ばれる糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などの重い病気を発症させることがあります。
また、尿酸値の上昇にもつながるので、痛風といった症状も併発することが多いのです。
通常であればこのようなことが起こらないように、膵臓のランゲルハンス島と呼ばれる体内で唯一の血糖値を下げるホルモンであるインスリンが分泌されることで血中濃度の調節を図っているのですが、糖尿病患者の場合はインスリンの量が少ない、あるいは効果が薄いために慢性的に高血糖状態にあるのです。

高血糖状態が続くとやがて血管を攻撃し血液をドロドロの状態にしてしまい動脈硬化を引き起こすことがあります。
そうして心筋梗塞や脳梗塞といった重度の重い疾患を併発することがあります。
そうしたことから糖尿病患者は食前に継続して糖尿病治療薬を服用することが必要となり、その一つがグルコバイです。

グルコバイはもともとダイエットピルとして開発された経緯があります。
食事で摂取した炭水化物はいくつもの糖が連なった状態でありこのままでは腸に吸収されることができません。
そこでアミラーゼという酵素によって二糖類に変換され、さらにα-グルコシダーゼによって単糖類に分解されてようやく腸に吸収されるのです。

しかし糖尿病患者の場合、一度にたくさんのブドウ糖が吸収されると糖毒性の作用が強まるため、このα-グルコシダーゼを阻害することで少しずつブドウ糖を吸収させることができます。
この効果をもつのがα-グルコシダーゼ阻害薬であるグルコバイです。
グルコバイは日本国内で100mgと50mgという形でインターネットから個人輸入することができ、処方箋を発行してもらって購入するよりも大変安価に手にいれることができます。

関連記事
人気記事一覧