グルコバイという糖質吸収抑制機能を持つ糖尿病患者向けの薬があります。糖尿病患者の方の苦痛を少しでも和らげるためにご活用ください。グルコバイの特徴や用法などを紹介したいと思います。\n

グルコバイの副作用

ドーナツを食べる女性

グルコバイは、小腸における糖を分解する酵素を阻害することで、糖の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。
グルコバイの副作用は重篤なものは少ないですが、軽度のものは比較的多く発生します。
一般的には腹部膨満感、下痢、おならが出る等の副作用が服用量が増加するに従い、発生します。
これ糖の分解が阻害されることによって、吸収し損ねた糖が、下部消化管で、細菌によって利用されていることによるものです。
また、上記副作用はグルコバイと同種類の医薬品にも共通して起こる副作用ですが、グルコバイ特有のものとして、肝臓の検査値異常が報告されたが、肝臓疾患まで至ることはほとんどないということが米国において認められています。
また、低い血糖はどの糖尿病の薬についても起こる副作用ですが、グルコバイを含む小腸における糖の分解する酵素を阻害する薬においては、単独での使用ではあまり発生しません。

インスリン注射やインスリン分泌を促進する薬などの他の糖尿病治療薬と併用した場合に発生頻度が高くなります。
低血糖が発生した場合は、急いで糖を補給する必要が生じます。
しかし、補給する糖の種類が問題で他の種類の糖尿病の治療薬であれば、低血糖が発生した場合はブドウ糖が吸収が早く最適であるものの、普通の砂糖でも代用可能であることに対して、この薬を服用した場合の対処としては、ブドウ糖のみしか使用できません。
たいていは、ブドウ糖はグルコバイを調剤された薬局から無料で貰えるので相談するのも良いでしょう。
あるいは、清涼飲料水にもブドウ糖を多く含むものがありますので、あらかじめ缶に書かれている成分をチェックして、一本持ち歩いておくのも一つの方法です。
しかし、糖尿病の患者は排尿の際に糖質とともに水分も過剰に排出されやすいので適度に水分は取るようにしなければなりません。
糖尿病のせいで頻尿の原因になる患者さんが多くみられるためです。
のどの渇きや神経の伝達障害が起こりやすいので水分補給は慎重に行う必要があることは覚えておきましょう。

関連記事
人気記事一覧